神奈川県無形民俗文化財指定

鉄古典獅子保存会々則

   第一条  名称及び事務所
        本会は鉄古典獅子保存会と称し
        事務所を会長宅に置く。
   第二条  目的及び事業
        本会は旧上鉄村に伝わる文化財の保存と家内安全、
        五穀豊穣、平和互譲を祈願し後世に伝統を継承することを
        目的とする。
       2.本会は次の事業を行う
         (一)鐵神社及び宗英寺の祭典奉納
         (二)諸官庁文化財担当部門との連絡
         (三)後継者の育成
         (四)その他必要と認める事業
   第三条  会員
        本会の会員は鉄地区内に居住する者及び本会の目的に
        賛同する者を会員とする。
   第四条  役員
        本会に次の役員を置く
        会 長  1名
        副会長  2名
        会 計  1名
        会計監査 2名
        幹 事  若干名
        指導部  若干名
       2、本会の役員に相談役若干名を置くことが出来る。
   第五条  役員の選任及び任期
        本会の役員は会員中より選出する。
       2、幹事は各ブロック毎に選出する
       3、役員の任期は二年とし、再任を妨げない。
   第六条 総会
         総会は会長が舞年4月に召集開催し、役員の承認、予算、
         決算、当該年度の事業計画、その他重要事項を審議決定
         する。
         2、会長は必要により役員会の議を経て臨時に総会を
         召集することが出来る。
        3、総会は出席者の三分の二以上の同意を得て成立し
        議決は出席者の過半数で決する。
   第七条 役員会
       役員会は会長が必要と認めるとき随時召集開催する。
       2、役員会は総会の議決に基ずいて事業の執行を行う。
       3、役員会の議決は出席役員の過半数の同意により成立
         し、可否同数のときは会長がこれを決する。
   第八条 運営費用等
       本会の運営費は協賛団体の助成及びその他の収入を以て
       これに当てる。
   第九条 会計
       本会の会計年度は舞年4月1日より翌年3月31日までとする
   第十条 協賛団体
       本会の協賛団体は次の通りとする。
       鉄町内会
       鐵神社
       宗英寺
       上鉄さくら会
       鉄囃子連保存会
 第十一条  会員の慶弔及び表彰
       会員の慶弔及び表彰は別に定むるところによる。
 第十二条  その他
       本会則に定めのない事項についいては役員会の決定
       によりこれを処理する
 第十三条  付則
       本会則は昭和62年11月29日より施行する。

 

鉄古典獅子保存会役員

     1987年(昭和62年)11月現在
       会 長   平瀬君平
       副会長   鈴木二郎 三堀 功
       会 計   滝尾一郎
       会計監査  鈴木豊一 金子 昇
       幹 事   関根昭侍
       委 員   渋谷京一 村谷善一 鈴木節男 早川宏司
             村谷光司 青木 勇 臼井 昭 加藤亮助
             大橋 弘 河合順道 井上勇二 林征宏 
       指導部   鈴木国之 渋谷重作 鈴木時次郎
       相談役   金子義孝 坂田愛治 渋谷厳 黒沼勇二
             志村富次 渡辺慧光 鈴木正三 鈴木勇
             臼井英一 村田一夫 鈴木義正 鈴木四郎
             臼井公敬 志田利男 村田博 坂田成一
             金子光栄 長嶋潔輝 志村久雄
  12、鉄古典獅子舞唄の楽譜
       教育委員会  城所恵子先生採譜 1990年(平成2年)2月

お祭り
平成28年10月2日 鐵神社例大祭における古典獅子舞の奉納
編集者  故人 鈴木勇(鉄町)
1991年(平成3年)夏
この編集にあたり関係者の御協力を感謝いたします。
特に志村富次氏の記述を多分に転記させて頂きました。
会員募集をしています。
鉄古典獅子保存会では毎週火曜日午後8時から練習をしています。
お気軽にお立ち寄りください。